メインメニュー
新小の活動のカテゴリー
学校紹介/お知らせ
学校評価

新居浜小学校 沿革史

文久〜

  寺子屋時代

明治7年

  新居学校として西町に学校ができる

明治12年

  中須賀に学校が移る

明治16年

  東町に新しく学校を建てる
  新居小学校と名前が変わる

明治20年

  新居浜尋常小学校と名前が変わる

明治34年

  新居浜尋常高等小学校と名前が変わる

明治37年

 今の銀泉街のところに新しく校舎を建てる

明治41年

 校舎増築

大正11年

 運動場を広げる

昭和11年

 児童数が増え、小学校が2つに分かれ、宮西小学校ができる

昭和16年

 新居浜国民学校と校名が変わる

昭和22年

 新居浜小学校と校名が変わる

昭和25年

 東町と若水町の児童が来るようになる

昭和28年

 創立80周年記念行事

昭和30年

 新須賀町(現在の場所)に校舎を移転する

昭和31年

 講堂ができる

昭和35年

 学校給食が始まる

昭和36年

 プールができる

昭和43年

 講堂を広げて、体育館にする

昭和48年

 創立百周年記念式

昭和55年

 校旗を新しく作る

昭和58年

 新しい体育館が完成する
 創立百十周年記念式

昭和62年

 新校舎が完成する

 オープン教育のスタート

平成2年

 プール、楽焼小屋が完成する

平成5年

 創立百二十周年記念式   花時計ができる

平成7年

 パソコン教室ができる

平成13年

 プールを全面改修する

平成14年

 校舎バリアフリー化する   ワイワイトープ(ビオトープ)の池が完成する

平成15年

 創立百三十周年記念誌を発行する

平成18年

 教育特区「英語で話そう科」、小学校英語活動国際理解活動推進事業指定校になる

平成25年

 創立百四十周年記念誌を発行する    次代を担う子どもの文化芸術体験事業

平成26年

 市人権・同和教育研究大会C群会場校 ビオトープにカブトムシの家を設置

平成27年

 市指定ICT活用推進モデル校となり、普通教室に電子黒板機能付プロジェクタ(天井吊り下げ方式)・書画カメラが設置されデジタル教材が導入  ふれあい広場の天井部分全面改修  校舎二階天井部分雨漏全面工事  体育倉庫改修(テント収納) グランド照明灯・防球ネット付替 ビオトープ池の周辺植樹(トチなど) 放課後学び塾開設

平成28年

 普通教室(3教室)にタブレット端末が設置(8月)

  新居浜市学校保健研究大会会場校(11月)

平成29年

運動会入退場門新調  豊かな器楽体験事業(1月)